前へ
次へ

税理士法の概要について

税理士法という法律がありますが、これは税理士の制度を決める法律となっています。ここでは税理士の死命や職務や税理士会や税理士会連合会などの制度が定められています。この他には資格がない人の税務の取り扱い禁止に関してや、税理士や税理士事務所の名称の使用禁止などに関して定められている法律となっています。種類は行政法に含まれています。主な内容に関しては、税理士の職務について書かれています。税理士は税に関するエキスパートであるということから、税金などに関する職務を行っています。したがってしっかりと法律でその内容を定めることによって、職務をスムーズに全うできるように決められているのです。税理士の資格試験でもその内容が問われています。

top用置換

top用置換2

メニュー

Page Top